スイスRoche社は、2015年2月27日、欧州医薬品庁 (EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、成人の再発性または転移性の子宮頸癌患者に対する標準化学療法(パクリタキセルとシスプラチン、プラチナ製剤不忍容の症例にはパクリタキセルとトポテカン)にベバシズマブを追加したレジメンの承認を支持する見解を示したと発表した。

ログインして全文を読む