再発高リスクの局所進行腎細胞癌に対する血管内皮増殖因子受容体チロシンキナーゼ阻害薬(VEGFR-TKI)のスニチニブもしくはソラフェニブを用いた術後補助療法は、プラセボに比べて無再発生存期間(DFS)を改善することができなかった。ただし、3分の2の患者が登録された時点で当初プロトコールで規定された用量では毒性などにより脱落者が多かったことから、プロトコールが1段階減量するものへと変更された中での結果となった。

ログインして全文を読む