アクチビン受容体様キナーゼ1(ALK1)受容体融合蛋白製剤であるdalanterceptとアキシチニブの併用が、進行淡明細胞腎癌に有効である可能性が明らかとなった。dalanterceptとアキシチニブの併用とアキシチニブとプラセボの併用を比較したフェーズ2無作為化試験DARTのパート1部分の結果、dalanterceptとアキシチニブの併用の忍容性が認められ、一部の患者で抗腫瘍活性が認められたもの。

ログインして全文を読む