進行性の去勢抵抗性前立腺癌におけるステロイド治療前のNLR高値は予後不良である可能性が示された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、オーストラリアRoyal North Shore HospitalのDavid Chan氏が発表した。

ログインして全文を読む