日常臨床において、転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に対するカバジタキセルの投与で、全生存(OS)の悪化と低ヘモグロビン値、PSA効果と肺転移の存在、PSA増悪と65歳未満が、関連する因子である可能性が明らかとなった。カナダの早期アクセスプログラムで投与を受けた患者のレトロスペクティブな解析の結果、示されたもの。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGeneitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、カナダPrincess Margaret HospitalのDaniel Yokom氏によって発表された。

ログインして全文を読む