ドセタキセル、アビラテロン投与で進行した転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に、カバジタキセルとアビラテロンの併用投与が有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1/2試験のフェーズ2部分の試験の結果、併用投与の安全性と効果が確認されたもの。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGeneitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、英The Institute of Cancer Research and The Royal Marsden NHS Foundation TrustのJoaquin Mateo氏によって発表された。

ログインして全文を読む