タキサン系抗癌剤はエンザルタミドによる前治療を受けた進行性去勢抵抗性前立腺癌において有効性を保っていることが示された。タキサンベースの治療を開始する時点でのhalabiスコアによる予後予測はエンザルタミド治療歴にかかわらず違いはなかった。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、フランスGustave RoussyのMarco Gizzi氏が発表した。

ログインして全文を読む