転移性去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に対するcabozantinib投与で、主要評価項目である全生存期間(OS)の有意な延長が認められなかったフェーズ3試験、COMET-1の結果の詳細が発表された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGeneitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、米Massachusetts General HospitalのMatthew Raymond Smith氏によって発表された。

ログインして全文を読む