前立腺癌細胞に特異的な表面抗原に対する抗体と細胞障害性抗癌剤をつなげた抗体薬物複合体は、アビラテロン/エンザルタミド治療を受けて進行した患者に対し、CTC値やPSA値を改善する効果が期待できることが示された。2月26日から28日まで米国オーランドで開催されているGeneitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、米Yale UniversityのDaniel Peter Petrylak氏が発表した。

ログインして全文を読む