米国では、2011年から2013年までに、中間リスクまたは高リスクの前立腺癌と診断された男性の割合が約6%増加していることが、データベースNational Oncology Data Alliance(NODA)を用いた解析からわかった。2月26日から28日までオーランドで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2015)で、米City of Hope National Medical CenterのMatthew David Hall氏が発表した。

ログインして全文を読む