エーザイは、2月24日、マルチキナーゼ阻害剤lenvatinibの2レジメン以上の前治療後に増悪した進行非小細胞肺癌を対象としたフェーズ2試験(703試験)の最新の探索的追加解析で、全生存期間(OS)の延長を示唆する結果が得られたことを発表した。

ログインして全文を読む