米Pharmacyclics社は、2015年2月17日、難治性/再発性(R/R)の慢性リンパ性白血病(CLL)で、同種幹細胞移植を受けた患者に、ブルトン型チロシンキナーゼ阻害薬ibrutinibを投与した臨床試験で得られた好結果が、米血液骨髄移植学会(ASBMT)と国際血液骨髄移植学会議 (CIBMTR)の合同会議 2015 BMT Tandem Meetingで、口頭発表およびポスター発表されたことを明らかにした。

ログインして全文を読む