低メチル化剤(HMA)治療が無効の高リスク骨髄異形成症候群(HR-MDS)患者を対象にしたPI3K/PLK阻害薬rigosertibの第3相試験の計画が固まったことが明らかになった。米Onconova Therapeutics社が2月2日に発表した。同社は2015年下半期に試験の登録を始める見込み。

ログインして全文を読む