スイスRoche社は2月4日、リツキシマブ治療に抵抗性の低悪性度(indolent)非ホジキンリンパ腫患者を対象とした、抗CD20モノクローナル抗体obinutuzumabのフェーズ3試験GADOLINで、ポジティブな結果が得られたと発表した。独立データモニタリング委員会は主要評価項目を満たすと判断し、試験は早期に中止された。

ログインして全文を読む