米Celgene社の全額出資子会社であるスイスCelgene International Sagraverl社は、2015年1月23日、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、nabpaclitaxel(ヒト血清アルブミンにパクリタキセルを結合させ、ナノ粒子化した薬剤)をカルボプラチンとともに非小細胞肺癌の第1選択薬として用いることを承認するよう勧告したと発表した。

ログインして全文を読む