タカラバイオは、1月21日、腫瘍溶解性ウイルスHF10(開発コード:TBI-1401(HF10))による癌治療のフェーズ1試験を日本国内で実施するため、医薬品医療機器総合機構(PMDA)に再生医療等製品としての治験計画届を提出したと発表した。

ログインして全文を読む