進行大腸癌に対するセカンドラインとしてFOLFIRIと抗VEGFR-2抗体ramucirumabの併用は、FOLFIRIとプラセボの併用よりも全生存期間(OS)を有意に延長できることが明らかとなった。フェーズ3試験RAISEの結果示されたもの。1月15日から17日まで米国サンフランシスコで開催されたGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI2015)で、スペインVall d'Hebron University HospitalのJosep Tabernero氏によって発表された。

ログインして全文を読む