進行肝細胞癌に対するファーストラインとしてベバシズマブとエルロチニブの併用は、ソラフェニブと同等の全生存期間(OS)に対する効果を持ち、副作用はより少ない可能性が明らかとなった。無作為化多施設オープンラベルフェーズ2試験の結果、示されたもの。ただし主要評価項目であったOSの延長効果は認められず、主要評価項目は達成できなかった。1月15日から17日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI2015)で、米Medical University of South CarolinaのMelanie B. Thomas氏によって発表された。

ログインして全文を読む