高齢者HER2陽性進行胃癌に対して、S-1とトラスツズマブの併用は有望な抗腫瘍活性を示し、副作用も管理可能であることが明らかとなった。フェーズ2試験JACCRO GC-06の結果、示されたもの。1月15日から17日まで米国サンフランシスコで開催されているGastrointestinal Cancers Symposium(ASCO-GI2015)で、愛知県がんセンターの舛石俊樹氏によって発表された。

ログインして全文を読む