EGFR遺伝子変異陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)を対象とした2つのフェーズ3試験(LUX-Lung 3試験、LUX-Lung 6試験)で、エクソン19の欠失変異(Del 19)を有する患者では、アファチニブによる1次治療は標準的なシスプラチンベースの化学療法に比べて、全生存期間(OS)を1年以上延長することが示された。この結果はLancet Oncology誌電子版1月11月号に掲載された。

ログインして全文を読む