米Seattle Genetics社と米Bristol-Myers Squibb(BMS)社は、1月12日、Seattle Genetics社の抗体-薬物複合体製剤ブレンツキシマブベドチンとBMS社の抗PD-1抗体製剤ニボルマブの併用療法を評価する臨床試験に関し、提携契約を締結したと発表した。同契約では2件のフェーズ1/2試験が計画されている。

ログインして全文を読む