米ARIAD社 Pharmaceuticals社は、2015年1月6日、慢性期の難治性慢性骨髄性白血病(CP-CML)患者に、現在適用されているより低い用量のponatinibを適用して有効性と安全性を評価する、無作為化用量範囲探索試験の設計に関する欧米当局との協議を終えたと発表した。試験の開始は2015年半ばになる見込みだ。

ログインして全文を読む