米Duke大学のRachel Blitzblau氏らは、米国最大のがん登録から情報を得て分析し、高齢乳癌患者に対する放射線治療の必要性を否定した臨床試験の結果公表の前と後の放射線療法適用率を比較したところ、わずかに減少したのみだったことを明らかにした。詳細は、Cancer誌電子版に2014年12月7日に報告された。

ログインして全文を読む