米国臨床腫瘍学会(ASCO)は、12月1日、遺伝性大腸癌症候群(hereditary colorectal cancer syndromes)のリスクを持つ人を対象とした、予防、スクリーニング、遺伝学、治療、管理に関する欧州臨床腫瘍学会(ESMO)のガイドラインについて、支持することを明らかにした。同日のJournal of Clinical Oncology誌で発表された。

ログインして全文を読む