カナダToronto大学Sunnybrook Health Science SentreのLaurence Klotz氏らは、ゴナドトロピン放出ホルモン(GnRH)拮抗薬であるデガレリクスに関する無作為化試験5件で得られたデータをプール解析し、全生存率と前立腺特異抗原(PSA)無増悪生存率(PSA PFS)は、黄体形性ホルモン放出ホルモン(LHRH)アナログに割り付けられた患者よりデガレリクスを投与された患者の方が有意に良好であることを示す結果を得て、European Journal of Urology誌2014年12月号に報告した。

ログインして全文を読む