損傷DNAの修復に関与する酵素であるpoly(ADP-ribose)polymerase(PARP)阻害薬のrucaparibは、BRCA1/2変異を持つ患者だけでなく、高度なゲノムのヘテロ接合性の消失(LOH、loss of heterozygosity)を持つ卵巣癌患者にも効果を示す可能性が明らかとなった。北米、欧州、オーストラリアの研究施設で実施されたフェーズ2試験であるARIEL2の結果判明したもの。

ログインして全文を読む