初発の膠芽腫患者を対象に、術後または生検後、テモゾロミドと放射線療法の併用に加えベバシズマブを投与する場合、増悪(PD)後に後治療を受けなかった患者では、ババシズマブ追加で有意に全生存(OS)期間が長いことが明らかとなった。

ログインして全文を読む