英AstraZeneca社、米Pharmacyclics社、米Janssen Research and Development社は、2014年11月4日、AstraZeneca社の抗PD-L1ヒトモノクローナル抗体製剤MEDI4736と、Phacmasyclics社とJanssen社が共同で開発しているブルトン型チロシンキナーゼ(BTK)阻害薬ibrutinibを、びまん性大細胞型B細胞性リンパ腫や濾胞性リンパ腫を含む血液がん患者に併用する臨床試験を共同で行うと発表した。

ログインして全文を読む