オーストラリアAlchemia社は10月27日、転移性大腸癌を対象に実施したイリノテカン製剤HA-Irinotecanのフェーズ3試験で、主要評価項目である無増悪生存期間(PFS)の有意な改善が認められなかったと発表した。

ログインして全文を読む