エーザイは10月14日、スイスHelsinn Healthcare社が、NK1受容体拮抗薬netupitantと5-HT3受容体拮抗薬palonosetronの配合経口制吐剤netupitant/palonosetronについて、催吐性を有する癌化学療法(高度な催吐性を有する化学療法に限定されない)による急性および遅発性の悪心・嘔吐(CINV:Chemotherapy-Induced Nausea and Vomiting)の予防の適応で、米国食品医薬品局(FDA)から承認を取得したと発表した。

ログインして全文を読む