米Duke大学医学部のEmma Allott氏らは、2014年10月10日、前立腺癌切除術を受けた男性患者の血中脂質値が、その後の前立腺癌再発を予測する可能性を示し、Cancer Epidemiology Biomarkers and Prevention誌に報告した。得られた知見は、脂質異常症の男性の脂質レベルを正常化する、または正常に近づけることにより、前立腺癌再発リスクを低減できる可能性を示した。

ログインして全文を読む