ドイツBoehringer-Ingelheim社は、同社が開発を進めているトリプルアンジオキナーゼ阻害薬nintedanibの、初回化学療法を受けた局所進行/転移性および局所再発非小細胞肺癌の適応について、欧州医薬品庁(EMA)医薬品委員会(CHMP)から承認勧告を取得したと発表した。

ログインして全文を読む