転移を有する腎細胞癌(mRCC)に対し、スニチニブによる1次治療で進行した患者に対し、スニチニブのリチャレンジは臨床的な有用性が得られる治療選択肢であり、治療抵抗性には関係しないと考えられることが、多施設共同の観察研究(RESUME試験)の最終結果から示された。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、フランスHopital European George PompidouのS. Oudard氏が発表した。

ログインして全文を読む