転移を有する腎細胞癌(mRCC)患者に対する抗血管新生療法により、T細胞の浸潤、および免疫チェックポイント分子のPD-1にリガンドが結合したPD-L1の腫瘍内での発現が増加し、T細胞の浸潤が患者の予後不良と相関する可能性が示された。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、米University of Texas MD Anderson Cancer CenterのXian-De Liu氏が発表した。

ログインして全文を読む