再発または転移を有する子宮頸癌に対し、標準的な化学療法に血管内皮細胞成長因子受容体(VEGFR)-1、2、3を阻害するcediranibを追加すると、無増悪生存期間(PFS)が有意に延長し、VEGFR-2の阻害および奏効率も改善することが、二重盲検、フェーズ2のランダム化試験、CIRCCa試験から示された。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催された欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、英国University Hospitals of Leicester NHS Trust Leicester Royal InfirmaryのPaul Symonds氏が発表した。

ログインして全文を読む