進行腎細胞癌(RCC)患者の統合データ解析から、アキシチニブによる有害事象の多くは1年以内に発現し、持続的な曝露は未知またはより重度の有害事象とは関連せず、長期投与でも受容可能な忍容性があることが示された。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、米国Pfizer Oncology社のSubramanian Hariharan氏が発表した。

ログインして全文を読む