MAGE-A3陽性非小細胞肺癌(NSCLC)の術後補助療法として、MAGE-A3抗原特異的癌免疫療法剤は、プラセボに比べて、無病生存期間(DFS)の有意な延長を示さないことが、大規模な二重盲検無作為化プラセボ対照比較フェーズ3試験MAGRITで明らかになった。ベルギーCatholic University LeuvenのJ.Vansteenkiste氏らが、9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で発表した。

ログインして全文を読む