局所再発または転移を有するHER2陰性乳癌でベバシズマブを含むファーストライン治療を受けた患者に対し、セカンドライン治療でベバシズマブを継続投与すると、セカンドライン治療の無増悪生存期間(PFS)が有意に改善することが、フェーズ3のTANIA試験から明らかになった。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、ドイツUniversity Women’s HospitalのG. von Minckwitz氏が発表した。

ログインして全文を読む