局所再発または転移を有するHER2陰性乳癌に対し、導入療法としてベバシズマブとタキサンによる治療を行い、その後に維持療法としてベバシズマブとカペシタビンの併用療法を行うと、無増悪生存期間(PFS)と全生存期間(OS)が有意に改善することがフェーズ3のIMELDA試験から明らかになった。9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で、フランスSorbonne UniversiteのJ. Gligorov氏が発表した。

ログインして全文を読む