放射性ヨウ素治療抵抗性の分化型甲状腺癌において、経口マルチキナーゼ阻害剤lenvatinibはプラセボに比べて、血清バイオマーカーやBRAF/RAS変異の状態にかかわりなく、無増悪生存期間(PFS)を延長し、特に血管新生に関与するアンギオポエチン-2(Ang2)低値ではAng2高値よりもlenvatinibの効果が高いことが、フェーズ3試験SELECTのバイオマーカー解析で明らかになった。国立がん研究センター東病院頭頸部内科の田原信氏らが、9月26日から30日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2014)で発表した。

ログインして全文を読む