協和発酵キリンは9月26日、持続型G-CSFであるペグフィルグラスチムについて、癌化学療法による発熱性好中球減少症を対象に国内医薬品製造販売承認を取得したと発表した。

ログインして全文を読む