米Eli Lilly社は、2014年9月12日、第1選択療法が奏効しなかった転移性大腸癌患者にramucirumabと化学療法を併用したフェーズ3 RAISE試験で、主要エンドポイントを達成したと発表した。

ログインして全文を読む