アステラス製薬は、9月11日、米国Medivation社と共同で開発・商業化を進めている経口アンドロゲン受容体阻害薬エンザルタミドについて、米国食品医薬品局(FDA)から追加適応を獲得し、化学療法の施行歴のない転移性去勢抵抗性前立腺癌患者(mCRPC)にも使用可能となったと発表した。

ログインして全文を読む