米Celgene社は、造血幹細胞移植非適応の未治療多発性骨髄腫(NDMM)患者を対象にレナリドミドとデキサメタゾンの継続療法を評価する無作為化非盲検フェーズ3試験FIRST(MM-020/IFM07-01)のデータが、New England Journal of Medicine誌9月4日号に掲載されたと発表した。

ログインして全文を読む