HER2陽性の転移を有する乳癌に対してファーストラインとしてトラスツズマブとエリブリンを併用投与することは、トラスツズマブの投与経験の有無に関係なく有効で忍容性のある可能性が明らかとなった。フェーズ2試験の前もって規定されていた解析で示されたもの。9月4日から6日までサンフランシスコで開催されたBreast Cancer Symposium(ASCO Breast2014)で、米Baylor Charles A. Sammons Cancer CenterのJoyce O'Shaughnessy氏によって発表された。

ログインして全文を読む