HER2由来ペプチドワクチンであるGP2がHER2高発現の乳癌患者の術後アジュバントとして有用である可能性が明らかとなった。無作為化多施設フェーズ2試験で、HER2過剰発現患者に限定すると再発が認められなかったことによるもの。9月4日から6日までサンフランシスコで開催されたBreast Cancer Symposium(ASCO Breast2014)で、米San Antonio Military Medical CenterのErika J Schneble氏によって発表された。

ログインして全文を読む