米Pfizer社とMerck社は、8月26日、新たな治療法を探索するため、Pfizer社のクリゾチニブとMerck社の抗PD-1抗体pembrolizumabの併用療法について、フェーズ1b試験で安全性と忍容性を評価することに合意したと発表した。対象は、ALK陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)患者となる。

ログインして全文を読む