米Bristol-Myers Squibb社とCelgene社は8月20日、抗PD-1抗体のニボルマブとタキサン系抗癌剤のnab-パクリタキセルの併用療法の安全性と有効性を評価するためのフェーズ1試験を行う連携協定が成立したと発表した。試験は2014年第4四半期に開始される予定。

ログインして全文を読む