画像での診断が難しい例だけでなく、局所療法施行後のフォローアップの必要性を検討するためにも腎腫瘍生検は有効である。7月20日に品川で開催された第45回腎癌研究会/1st East Asia Kidney Symposiumにおける「小径腎腫瘍に対する生検」をテーマとしたシンポジウムで、京都府立医科大学泌尿器外科学教室の本郷文弥氏がこれまで同院で行ってきた腎腫瘍生検の成績や経験について紹介した。

ログインして全文を読む