Necitumumabは、欧米での推奨用量で日本人においても安全に投与できることが明らかとなった。国内で実施された進行固形癌を対象にしたフェーズ1試験の結果、示されたもの。7月17日から19日まで福岡市で開催された日本臨床腫瘍学会で、国立がん研究センター中央病院呼吸器内科の軒原浩氏によって発表された。

ログインして全文を読む